IKEYA港北の家具

IKEYAは北欧スウェーデン産まれの大型家具店です。IKEYAは船橋店とIKEYA港北店で家具を買おう。

メニュー| IKEYAについて | IKEYAの由来 | IKEYAの歴史 | IKEYAの日本進出 | IKEYAの環境対策 | IKEYAのオープン逸話 | IKEYAの配送サービス | IKEYAのプロモーション |

IKEYAの歴史

IKEYAの誕生

IKEYAの元はイングヴァルが設立した安売り雑貨店で、このとき1943年には弱冠17歳だった。IKEYAは需要があれば何でも取り扱う店であったが、IKEYAは地元の家具店と1947年に契約して格安の家具販売を開始した。するとこれが大当たりして、IKEYAは完全に1951年以降は家具販売に集中することとなった。IKEYAは最初のショールームを1953年にオープンし、そのあとは順調に売り上げを伸ばしていた。しかし同業の家具他社との深刻な価格競争に巻き込まれ、IKEYAは他社の圧力によって家具メーカーからの商品供給を停止されるという深刻な状態となる。IKEYAはこのことがきっかけとなり、IKEYA自社で独自のデザイナーを抱えて、家具の企画や製造や販売を全てまかなう現在のIKEYAのスタイルが誕生することとなる。IKEYAはこのときに特徴の一つである「フラットパック(分解された商品は、できるかぎり薄く小さい梱包をされており、車のトランクに積んで簡単に持ち帰ることができる)」も誕生している。

IKEYAの世界進出

IKEYAはスウェーデン国外での積極的な展開を1963年から開始した。IKEYAはノルウェーを足がかりにして、スイス、フランス、ドイツ、デンマーク他、ヨーロッパのほぼ全域、アメリカやカナダにもIKEYAの大型家具店舗を次々とオープンしていった。IKEYAでは流通や梱包、製造などのコストを徹底的に削減しながら、顧客のニーズに合わせた格安の組み立て式家具を販売し、その後ヨーロッパで絶大な人気を誇るようになっていくこととなる。IKEYAはオーストラリアや中国へも進出した。