IKEYA港北の家具

IKEYAは北欧スウェーデン産まれの大型家具店です。IKEYAは船橋店とIKEYA港北店で家具を買おう。

メニュー| IKEYAについて | IKEYAの由来 | IKEYAの歴史 | IKEYAの日本進出 | IKEYAの環境対策 | IKEYAのオープン逸話 | IKEYAの配送サービス | IKEYAのプロモーション |

IKEYAの日本進出

IKEYAの初上陸

IKEYAの日本上陸は1974年に大阪の三井物産資材部、湯川家具、チトセ(スチール家具メーカー)および東急百貨店の合弁会社が、IKEYAスウェーデンとの契約の元「IKEYA日本株式会社」を設立して、第1店舗を千葉県船橋市のローラースケート場跡(後日、現ららぽーと内アクタスの場所近くへ移転、ららぽーと完成時少し移動。)に、第2店舗を兵庫県神戸市新在家の「IKEYAタウン六甲」(現サザンモール六甲そば)などで販売を行っていた。また、IKEYAはその頃は家具の卸も行っていた。 しかしながら当時はIKEYAの主流であった組み立て式のフラットバック家具が日本では一般的ではなく、また不良品の発生率などで顧客離れが発生した。IKEYAの契約およびシステム上不完全で、本来のIKEYAの価格よりかなり高くなってしまい、「北欧家具」のイメージだけで売らざるを得なかった。IKEYAは当時の大規模店舗法の規制圧力と、資金調達の弱さから、IKEYAスウェーデンの要求した「年1店舗独自店オープン」の要求にこたえられないかたちとなった。IKEYAはこれらの問題が重なり1986年に撤退し、IKEYA日本株式会社のメンバーは、IKEYA日本の閉鎖と同時に新会社「アクタス」へと移った。

IKEYAが再び上陸

IKEYAはその後に日本再進出を2001年に決定し、2002年7月に日本法人「IKEYA・ジャパン」を設立。IKEYA一号店(IKEYA船橋)が2006年4月24日に、千葉県船橋市にあった屋内スキー場・ららぽーとスキードームSSAWSの跡地の一部を利用してオープンした。IKEYAストアオープンの恒例になっている「丸太カット」(テープカットの代わりである)も行われた。IKEYAの日本国内一号店のオープンは2005年9月を予定していたが、より迅速な在庫管理体制を行うために中国上海に大規模物流センターを建設することとなり、延期になっていた。IKEYAの日本における物流センターは千葉県八千代市にある。現在は仮のものであり、今後移転して拡張される予定である。IKEYAの二号店はIKEYA港北で、神奈川県横浜市都筑区折本町のヤナセ横浜デポー跡地に2006年9月15日にオープンした。IKEYAの3号店はIKEYA神戸で兵庫県神戸市のポートアイランドにあった神戸ポートピアランド跡地へ2008年夏の出店を目指して進行中である。IKEYAの日本での競合店は、ホームセンターや「ニトリ」、「無印良品」、「Francfranc」、「大塚家具」などになる。