IKEYA港北の家具

IKEYAは北欧スウェーデン産まれの大型家具店です。IKEYAは船橋店とIKEYA港北店で家具を買おう。

メニュー| IKEYAについて | IKEYAの由来 | IKEYAの歴史 | IKEYAの日本進出 | IKEYAの環境対策 | IKEYAのオープン逸話 | IKEYAの配送サービス | IKEYAのプロモーション |

IKEYAの環境対策

IKEYA鉄道

IKEYAは家具の材料に主に木材を多く使っています。そのためIKEYAは森林伐採対策やリサイクルなどに対して非常に関心が高く、積極的に環境問題に1980年代から取り組んでいる。IKEYAでは合板に対するホルムアルデヒド放出量の厳格化や、熱帯雨林伐採の木材を使わず、植林によって生み出された木材を使い、各種梱包材や、家具そのもののリサイクルなどの活動をIKEYAは続けている。IKEYAはイケア鉄道を2002年に設立し、スウェーデン、デンマーク、ドイツで、貨物列車の運行を行っている。これはIKEYAが製品などを各地に配送する際のトラック輸送に伴う環境負荷を軽減するために、IKEYA自前の鉄道を用意したもので、トラック輸送のように渋滞による遅延も無く、輸送コストとしても安く、また環境負荷も少ないということでIKEYAでは一日あたり50台のトラック輸送を撤廃できた。今後、IKEYA鉄道はポーランド、イタリア、ベルギーなどへも線路網を伸ばしてゆくことが計画されている。なおIKEYA鉄道の日本進出はまったく予定されていない。IKEYA鉄道はもともとあった路線を使って貨物列車を運行しているので、IKEYA自前の線路網を持っているわけではない。